アトピー性皮膚炎|豊田市若林の小児科・予防接種(ワクチン)ならキッズクリニックサンタへ

  • 小児科予防接種のご予約

    0565511155

    当院の予約システムは当日の順番受付となります。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 小児科・予防接種の診療時間

アトピー性皮膚炎

WEB予約 WEB問診票

①原因と症状

アトピー性皮膚炎の原因は主に皮膚のバリア機能の低下と過剰な免疫反応です。乾燥や肌荒れによって皮膚のバリア機能が低下している状態の時に、ダニや花粉、その他のアレルゲン(アレルギー反応を起こす物質)と接触することで、免疫反応が過剰に働いて自身の皮膚を攻撃してしまいます。
アトピー性皮膚炎の症状として、ブツブツとした発疹ができる、皮膚がカサカサする、皮膚が黒ずんでかたくなる等の症状が慢性的に見られます。乳幼児期は顔や頭に症状が現れやすく、幼児期になると、ひじの内側やひざの裏側などに現れやすいです。

②受診の目安

かゆみを伴う発疹が複数確認できた場合は、まず小児科を受診してください。
小さいお子さんは痒みを我慢できずに掻いてしまい、症状の悪化や二次感染などのリスクもあるため、お早めに受診していただくことをお勧めします。

③治療

当院のアトピー性皮膚炎の治療では、ステロイド外用薬以外にJAK 阻害薬も取り扱っています。このJAK 阻害薬は、アトピー性皮膚炎の炎症を引き起こす経路を阻害することで、皮膚の炎症やかゆみを抑えて、アトピー性皮膚炎を改善します。ステロイド外用薬に比べて、副作用も少なく、安心して長期間使用いただくことができます。

④家庭で気をつけること

アトピー性皮膚炎のお子さんにおいては、皮膚のコンディションが良い状態をどれだけ保てるかが重要になります。そのためには、毎日の保湿や皮膚への刺激を減らすことが大切です。具体的には、毎日お風呂上りに保湿をする、衣服は風通しのよい綿素材のものを着用する、汗をかいた後はしっかりと汗を拭き取って清潔な状態にする、アレルゲン(ダニや花粉、金属など)との接触を避けるなどが挙げられます。