スキンケア 豊田市若林の小児科 キッズクリニックサンタ

  • 小児科予防接種のご予約

    0565511155

    当院の予約システムは当日の順番受付となります。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 小児科・予防接種の診療時間

スキンケア

WEB予約 WEB問診票

子どものスキンケア

■子どもの肌は潤っている?

子どもの肌はいつもプルプル、すべすべ、もちもちというイメージがあるかと思います。
これは皮膚の一番外にある、角質層が大人の1/2〜1/3 と薄いために透明感があり、みずみずしい肌をしているように見えます。
しかし、実は子どもの肌は乾燥しやすく、肌の外から受ける刺激に弱い為、皮膚の感染症にも弱く、湿疹やおむつかぶれ、アトピー性皮膚炎などに悩まれる方が非常に多いのです。

■子どもの肌のしくみ

潤っていると思っても、乾燥していたり、湿疹ができたりしますよね?
一見潤っているように見える子どもの肌であっても、乾燥したり、湿疹やかぶれなどができるのはなぜでしょうか。それは、子どもは皮脂の分泌量が少なく保湿を守る機能が整っていないことや、免疫力が整っていないことが要因です。
皮脂は角質層に水分を保つ働きをすると同時に、肌の外側からのアレルゲンやウイルスなどの異物による刺激から守る働きがあります。特に生後3 か月以降は皮脂の分泌量が少なく、肌からの水分が蒸発しやすいために乾燥しやすくなっています。

■日頃のスキンケアで子どもを守りましょう

お子さまの肌を乾燥やウイルスなどの刺激から守るためには日ごろのスキンケアが大切です。

  • 保湿

保湿剤には、ベビーオイルやクリーム、ローションタイプなど様々なものがあります。乾燥肌が続く、湿疹などができるといった場合には、お子さまの肌に合っていない場合やきちんと塗れていない可能性があります。
全身にしっかりと塗り、気になる所を念入りに塗る他、湿疹や炎症を抑える薬を塗るようにしましょう。

  • からだの洗い方

からだや頭を洗う時には石けんやボディソープをしっかりと泡立てて優しくなでるようにして洗いましょう。タオルなどでゴシゴシ洗うと、角質層を痛めてしまい肌荒れを引き起こしてしまいます。
しっかりと泡立てることで、洗った後に洗浄成分が残らず流しやすくなります。

■お風呂上りは要注意

特にお風呂上りは要注意、皮脂が石けんの成分やお湯によって流れ落ちているため、すぐに保湿をしてあげることが大切です。
お風呂の温度もぬるめの38〜39℃に設定しておくことをおすすめします。大人が快適と思う温度であっても赤ちゃんにとっては、熱過ぎて皮脂の油分が余分に流されてしまいます。適切な温度で長湯しないようにしましょう。
お風呂から上がった後には、水分が残らないように清潔なタオルでこすらず、やさしく拭いてあげましょう。それから、保湿剤をたっぷり使って、やさしく伸ばすように全身に塗り広げていき、まんべんなく塗ることができたら、おむつや下着、服を着せます。

■上手なスキンケア

毎日スキンケアをしているけれども、お子さまの乾燥肌や湿疹が良くならないということはありませんか? 上手なスキンケアの秘訣は、季節やお子さまの好み、肌の調子に合わせて行うことです。特に冬の乾燥しやすい時期には、ワセリンやベビーオイルなどの油性の高いものを使用したり、ベタベタするのを嫌う場合には、ローションタイプのものを使用するなどちょっとした工夫をするようにしましょう。
また塗り方にもひと工夫が必要です。赤ちゃんの関節にはしわが多く、塗り損ねていたということが少なくありません。保湿剤を塗るときにはしわを伸ばして、すみずみまで塗るようにしましょう。

市販のものを使っているけれども、湿疹ができてしまう、おむつかぶれが治らないといった時には、診察を受けることをお勧めします。アレルギーなどお子さまの体質によっては、普段使用しているものがあっていないということもあります。保湿剤や薬の処方や、塗り方などもご相談いただけますので、お気軽にご相談ください。